2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【前置き3】後輩、部下に学ぶ

Blogのメインテーマの更新までの前置きもこのエントリーで最後です(笑)

早くメインテーマについて語りたい管理人ですが、どうしても前置きが必要と考えて
更新してきましたが、こんなに長くなるとは・・・(汗)

さて今回は、後輩、部下に学ぶです。

私も30半ばということで、一丁前に後輩、部下なる方々の管理をすることも多くなりました。

その中で難しかったことは多々ありますが、一番と言われるとやはり「育てる」という事です。
私自身も未熟なこともありますし、教えられる事も少ないですが「やらなければならない」のです。

出来ないと思うことはやはり悔しいですから、失敗しても続けるしかないのですが
先輩上司の立場で、何度も失敗を繰り返すと「信用」を失います。

失った信用は、失う前の状態に戻す為には、その倍の時間がかかるとはよく言われています。
本当にその通り。何度涙したことか・・・。

しかしここでも「物は考えよう」

試行錯誤の上、その失敗したことの中で学べたことや無駄では無かったことを
具体的にしていき、次に活かすことを「後輩、部下」と一緒に考え、話していく事により
私自身への依存性も少なくなり、より自分で考え失敗を他人のせいにすることも減り
その成果として、問題点の整理が明確になってくるので、成功に導ける指示や提案も的確になってきたのです。

俺上司(先輩)だし、良いところ見せないと・・・、失敗しないようにしないと・・・、
と自分だけで何とかしようと最初からした結果、数々の失敗を重ねてしまいました。

黙って俺についてこい!!と格好良く言える人間であれば、それでも良いですが
残念ながらカリスマ性も、数多くの経験も、スキルも「並の人間」である私には備わっておりません。

こ、これからきっと付くんだ。そうなんだ。そんなんだー!(言いきかせる)

ですから、会話し人間性を理解し、その中からどうしたらやる気になってくれるか?
どこをくすぐってあげれば気持ち良く仕事してくれるのか? その人の能力を決めつけてはいないか?
と時間はかかりますが、一歩一歩進んでいくことで結果はついてくると思います。

この話も以前のエントリーに書いた以下のことが全て当てはまります。

・問題点を環境(周囲)のせいだけにしない
・自分自身の考えだけに固執しない(客観的、俯瞰的な物の見方)
・全てをひとりで解決しようとしない(人間関係、コミュニケーションは大事)

長くなった前置きのまとめとなりますが、結局は・・・

人間やる気次第!モチベーション大事!

メンタルトレーニング!

人間関係(コミュニケーション)!

これに尽きると思います。

全てが充実することは、本当に難しいですが

無いよりはあった方が良い!!

ということで、このことを楽しく共感共有していく為に「漫画」を使おうじゃないかとなる訳です。

これを言いたいが為だけにこれだけの前置きを書くとは、管理人の文章力の無さに脱帽でしょ?


共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ





上昇思考幸せを感じるために大切なこと上昇思考幸せを感じるために大切なこと
(2012/05/25)
長友 佑都

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/10/02 01:07 ] 漫画に学ぶ前に | TB(0) | CM(0)

【前置き2】先輩、上司に学ぶ

Blogのメインテーマの更新までの前置きもこのエントリー含め、後2回です(笑)

まだまだ30半ばのひよっこですが、これまで数多くの先輩や上司に出会いそして学びました。

立派な方もいますし、反面教師にしようと思った方もおります。
しかし学ぶところが無かった方というのは今まで出会ったことはありません。

前回のエントリーでも書きましたが、「物は考えよう」であり捉え方によって
「学ぶ事は無い!」と言い切ることなど出来ないと思っています。

簡単な事例としていくつか挙げて行きます。

◎「この人は自分の言い分を全く聞いてくれないな」

こんなことを思ったことを誰でも1度はあるかと思います。
もちろん私も何度も経験しています。中には本当に何にも聴いてくれない方も
いるかもしれませんが、「何で聞いてくれないのか?」を考えた事はありますか?

20代前半の時は、聞いてくれないからふてくされるという最悪の行動を取ることも多かったです。
しかしある先輩に言われた一言で、目が覚めた時のことは今でも忘れません。
あらかた自分の主張を言い終えて「どうだ!」と自己満足に浸っていた私に

「それじゃ〜、君はその主張をどうやって実行解決してどうやって他の方法で成功させるの?」

・・・恥ずかしながら私は、完全に口籠ってしまい何も言い返せませんでした。

私は意見、提案を主張しているつもりでおりましたが、単に「文句」を言っていたことに気がつかされたのです。

もちろん時に、そうやった感情をただ受け止めてくれるだけで満足してしまうこともあるでしょう。
それも大事な聞き方だと思いますし、時と場合によりますが正解なこともあります。

しかし多分「文句」を羅列している時って、「自分は悪く無い」「相手(環境)が悪い」と
出来ないことへの悔しさとか恥ずかしさの感情であることが多いと思います。

ですので「免罪符」として、「君は悪くないよ」って言ってほしいだけなのだと思います。
つまり文句を言っただけで、代替え案は何も用意していないから文句だけ言われるのを聞いているのは
面倒だし時間の無駄だと思われていたことも多々あったのだなと唐突に理解しました。

主張(提案/意見)とセットで代替え案を持って、先輩上司に話をしにいくとそれからは
大概時間を取って話をしてくれるようになりました。

この話ひとつでも前回のエントリーに書いた以下のことが全て当てはまります。

・問題点を環境(周囲)のせいだけにしない
・自分自身の考えだけに固執しない(客観的、俯瞰的な物の見方)
・全てをひとりで解決しようとしない(人間関係、コミュニケーションは大事)



今まで尊敬出来る方だなーと思った先輩上司は、学んだのか自然に身に付いたのかはわかりませんが
皆共通して、これが出来ている方でした。

結果として、後輩の部下のやる気(モチベーション)をアップさせる効果がありますので
仕事にしても何かの取組みにしても、俄然良い効果が出ることが多いです。

やり方は千差万別ですが、全てにおいてやる気は大事だと思っています。

次回のエントリーは、後輩、部下に学ぶです。
Blogのメインコンテンツである漫画から大切なことはその次にやっと更新します(笑)


共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ





明日やろうはバカヤロー (NSK MOOK)明日やろうはバカヤロー (NSK MOOK)
(2010/09/02)
遠藤 保仁

商品詳細を見る
[ 2012/10/02 00:00 ] 漫画に学ぶ前に | TB(0) | CM(0)

【前置き1】自己啓発本に学ぶ

最初のエントリーでまずお話したいことは、私は「自己啓発」系の書籍を読むのが好きです。

今までの経験として仕事を初め何事においても「やる気」が起きないと、うまくいかない。
上手くいったとしても、達成感が少ないし身になってないことが多い。

そう思ったことはありませんか?

ですので、メンタルを常にマイナス方向に行かないようにコントロールし、ポジティブに
考えることが出来ていくと、悪い結果ばかりになることは少なくなると思います。
そこで常に物事に迷ったり落ち込んだりしないよう自己啓発本を色々読みあさり、メンタルコントロールを
身につけようと思ったのが読み始めたきっかけでした。

サッカーが好きなこともあり、KINGカズやラモス、海外の有名プレイヤー、最近では長谷部選手や
遠藤選手、長友選手、中村俊輔選手などの本も読むことが多いです。

もちろん各界の著名人、経営者、コンサルタントの方々などの本も読みまくりました。

タッチは違えど、共通して書かれていることを一部挙げてみます。

・問題点を環境(周囲)のせいだけにしない
・自分自身の考えだけに固執しない(客観的、俯瞰的な物の見方)
・全てをひとりで解決しようとしない(人間関係、コミュニケーションは大事)

経験が足りず自主的に考えることが、まだ難しい段階では良いお手本を参考にして進め
達成する事はとても意味がありますし、成長するにあたって必要不可欠なことだと思います。

しかし自主的に考えることが必要、または求められるようになってくると先程の3点を
意識していけないと負の思考スパイラルに巻き込まれ悩んでしまうことが増えてきます。

先人の成功例を参考にしている限り、失敗は少ないですが自主的に新しい取組みをする時は
成功より失敗が多くなってきますから悩むことは必ず増えてくるのです。

つまり私は、失敗することが多く悩むことが多かったので、「自己啓発本」に縋っていたのだと思います。

弱い自分が嫌で嫌で、変えたくて仕方が無かった。
身体が小さいこともコンプレックスでしたし、気持ちだけでも強くなりたかったんだと思います。
※今では立派な体系に育ちましたが(汗)

次回のエントリーは、先輩、上司に学ぶです。
Blogのメインコンテンツである漫画から大切なことは前置きが終わり次第更新します(笑)

共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ





心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣
(2011/03/17)
長谷部誠

商品詳細を見る
[ 2012/10/01 00:00 ] 漫画に学ぶ前に | TB(0) | CM(0)





















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。