2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【GiantKilling-6】情熱を注げて感動できる職場【ジャイキリ】

今回はGiantKilling(ジャイアントキリング)に登場するキャラクターの内
数少ない女性キャラクター、ETUの広報「永田 有里(ながたゆり)」ちゃんに
スポットを当てたいと思います。

この方はETUの現会長の娘さんでもあります。
本編の前に少し話します。

「人と違う」と感じた時って不安に思ったり、無い物ねだりで羨ましくなったり
それでいて、「人と同じじゃ嫌だー」と真逆のことを考えたりしたことありませんか?

これも性格によるのだとは思いますが、私は基本的に「人と同じことをしていると満足しないタイプ」です。
同じことをしている、同じものを持っていると安心するという人も多いですよね。

私ももちろん同じく、あまりにもかけ離れていると不安に思うこともあるんです。

ではなんで?ということになりますが、全く(ほぼ)一緒だと自分自身への価値観といいますか
差別化される部分が無いので、他人が持っていない武器を持っていたいという気持ちでもあるんです。

また私で無くては出来ないんだ、ってことがひとつでもあると誇らしくも思いますし
自信にもなります。「人と同じこと」って裏を返すと特徴が無いので「平均点の安心感」しか
生まれない気がするのです。

大体、標準化されていることって「基礎」と呼ばれる部分であることが多いと思います。

◎最低限収入は無いといけない

具体的に言いますと、これらは「人と同じ」でいいところ

それを

◎どうせ同じ収入得るなら、面白い仕事、早く帰れる仕事、職場の雰囲気が良い仕事がいい

これが差別化

・ただ働くだけより、どうせなら楽しかったり、やりがいがある方が生活が充実するケース
・ただ働くだけでいいから、そのお金と時間を最大限趣味に活かしたい

これもある意味差別化

面白く無いこと、辛いことに「面白さ、楽しさ、達成感」を見出せたらきっと結果は
更に良くなっているんじゃないかなーと思うのです。

物事の大小もありますし、かなりケースバイケースな感は否めませんが
あくまで個人意見としては、どこか人と違うところをアピールしたい精神はありますw

<ご注意下さい>

 当ブログはネタバレ要素を含んでおりますので、気にされる方はご覧にならないようお願いします。
また、何か不適切な発言などがありましたら、ご遠慮なくご指摘下さいませ。
但し、あくまでも管理人の自己解釈をツラツラと書いているブログですので、多少のことは生暖かい目で見守っていただけましたら幸いです。


残業をする人は、仕事の出来ない人

って言葉良く聞きますよね?

スケジュール管理とか自己コントロール、ユーザー折衝とかどこかに問題があって
見積りミスで生じる残業、単に能力の問題の残業。確かにどちらも仕事できない感はあります。

時にはマンパワーで解決せざるを得ない、リソース不足問題(この辺になると経営戦略的なところから
ズレが出ているので現場だけでは解決できないこともしばしば)などもあります。

まぁ、何が言いたいかといいますと、残業している本人だけが仕事が出来ない人に当てはまるわけでは無いということです。

サービス残業とかも良く聞きますが、好んでお金もらえなくても逆の意味でのサービズ残業をする人も
絶対人数は少ないですが見たことがあります。

もちろん定時で、全ての仕事を無駄無く「好んでサービス残業」をしなくても効率的にこなせれば
一番良いですが、人間誰しもそれだったら仕事楽ですよね。
うまくいかないときだってあるんですってことですよ。

まるで自分への言い訳みたいな書き出しになりましたが、今回の主役である「永田有里」も
仕事大好きでマンパワー不足を自分の頑張りでカバーしちゃうタイプな方です。

そんな有里ちゃんがある日

同じ年のOLさん

珍しくぼやいています。
※決してOL批判ではないので深読みしないように!

しかし彼女は負けません。誰よりも働きチームの為に奮闘します。

しかし・・・

過労

ある日クラブハウス内で倒れてしまいます。過労だそうです。

それでも働こうとする有里を、クラブの所属医師が「絶対安静」を申し付けます。

夜まではゆっくり静養していましたが、夜になり雪が降ってくると、雪の日に魅せた達海の選手時代の
スーパープレイを思い出し、カメラ片手にいてもたってもいられず「達海と雪」のイメージでの広報を考え
達海の元へ向かいます。

その構図と意味を達海に説明しながら撮影。達海はそこまで頑張る有里にこう話しかけます。

仕事が好き

ここで私が感じたのは、有里ちゃんが頑張っているからこの言葉がでたとも言えるますが
もうひとつあって、「仕事が楽しい」と思えていることが表情や仕草、行動で現れていたのだと思います。

このことは心底羨ましい。 個人的にこうありたいと思う姿でもあります。

有里は答えます。

大喜びできる歓び
情熱を注げる

チーム関係者全員が、一喜一憂できる。感情を子供のように100%表現できる。

そして

gk_40.gif

やっべぇ。めちゃめちゃ羨ましい。

何がってここの社長さん。こんな社員がいたら嬉しいでしょうね。


ETUの一番苦しい時に、全体のモチベーションが下がっていた時に、それでも尚
こんな言葉を言えるスタッフがいることと、そう思わせる魅力のある職場。

理想的ですよね。

どこにでもある会社。どこにでもある職場環境。だけどこれがあるからこの会社(仕事)はいいな!
こうありたいものです。




【今日のまとめ】
情熱に勝る燃料は無し!
情熱を持つ。情熱を持たせられることが出来ればあとはやるだけだ!



共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ




GIANTKILLINGジャイアントキリング (1-24巻続刊)漫画全巻セット【中古本】【中古】afb

価格:11,870円
(2012/10/7 01:17時点)
感想(3件)




GIANT KILLING(1) (モーニングKC)

新品価格
¥570から
(2012/10/7 01:18時点)


関連記事
[ 2012/10/08 00:00 ] GiantKillingに学ぶ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comicsteach.blog.fc2.com/tb.php/12-1606d713























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。