2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【GiantKilling-8】自己PR【ジャイキリ】

以前にこんな話を聞いたことがあります。


異なる国の生徒が集まる学校で、先生がある問題を出しこう言いました。

「分かる人は挙手してから答えなさい」

すると

欧米人の生徒Aくんは、すぐに元気良く手を挙げて答えました。
「全然分かりませんが、きっとこうなんじゃないかと思います!」

もちろん正解ではありません。

次はアジアン圏の生徒Bくんが手を挙げました。
「おそらくこれではないでしょうか?」
Aくんに負けじと手をあげたBくんでしたが答えは残念ながら違いました。

次の手が挙がらないので、先生は日本人のCくんに答えるよう指名しました。
Cくんはこう答えました。「これだと思います」

答えはYESでした! Cくんは答えをわかっていたのです。
先生はCくんになぜわかっていたのに手を挙げ無かったのかを問いました。

Cくんは答えました。「正解か自信が無かったからです」


私はこれを見た時、良くも悪くも日本人らしいと思ってしまったのですが
諸外国から見ると理解出来ないそうですね。日本人は本当に謙虚で自己PRが下手なんです。

っという訳で今回のテーマは日本人が苦手な「自己PR」についてです。

<ご注意下さい>

 当ブログはネタバレ要素を含んでおりますので、気にされる方はご覧にならないようお願いします。
また、何か不適切な発言などがありましたら、ご遠慮なくご指摘下さいませ。
但し、あくまでも管理人の自己解釈をツラツラと書いているブログですので、多少のことは生暖かい目で見守っていただけましたら幸いです。


波乱の幕開けだったETUキャンプにまた一人曲者が現れます。
ただでさえ現時点までにいなかった=遅刻なのに

ルイジ吉田登場

このゆる〜い感じ。

彼がETUの10番(サッカーで10番はエースナンバー)ルイジ吉田。

相性は「ジーノ」または「王子」
というか、自分でそう呼ばせているらしい・・・(笑)
そして周りもそう呼んでるらしい。キャラが立ってますね!

村越がチームの支柱ならば、彼はETUの攻撃の要です。
実績もテクニックも抜群ですが、何しろマイペースといいますか自分勝手なキャラ。
実力が伴っているだけでに、チームの中でも暗黙の了解になっているみたいです。

そんなジーノに

王子

さすが達海ですね。敢えて「吉田」と言い続け、真っ先に彼も特別ではないことを知らしめます。

10番だってとりあげる

彼の自尊心をくすぐり、緊張感を持たせる達海。
どんなに実力があっても、主張し続け自分を常に磨くことを要求しているんだと思います。

丁度良い相手

ジーノも負けていません。さすがエース。レギュラー組のディフェンスチームになっている相手に
自分の実力を示そうとします。

ジーノのチームには、若手の赤崎と椿を選びます。

このメンバーに勝てば、最大限のPRにもなり、負けても若手をチームメンバーとして起用することで
多少の言い逃れが出来る。
リスクを最小限に抑えて、最大限のリターンになるように結果を求める。

さすがはエース。なかなかの策士です。

更に若手といっても、赤崎はジーノを除けばチームでも1、2を争うテクニシャン。
椿は、サテライト(二軍)から上がったばかりですが、驚くべき俊足とスタミナの持ち主。

ジーノのウィークポイントは、運動量が少ないこととフィジカルが若干弱い為
素早くフォローをしてくれて尚かつキープ力がある選手とは非常に相性がいい。

重ね重ね考えています。
イタリア人と日本人のハーフでもあるジーノは、日本人独特の責任感の強さと
謙虚さ、愚っ直な真面目さありません。

ですので、自分を売り込むPRする為の気負いのようなものが全くない。


PR開始

さて、ジーノのPRを含む3対3の結果はどうなるのか!?
続きは明日です!

【今日のまとめ】
謙虚さも、伝わらなければ意味が無い。存在感はPRしなければ自然と出るものでない。

共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ




「ジャイアントキリング」ETU サポーター Tシャツ (UNITED SKULLS BLACK)

価格:3,675円
(2012/10/10 01:10時点)
感想(2件)




「ジャイアントキリング」My Story ~まだ見ぬ明日へ~ / THE CHERRY COKE$(ザ チェリーコークス)

価格:1,050円
(2012/10/10 01:11時点)
感想(1件)


関連記事
[ 2012/10/10 01:12 ] GiantKillingに学ぶ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comicsteach.blog.fc2.com/tb.php/14-bd7e85f6























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。