2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【GiantKilling-3】指示されているほうが楽【ジャイキリ】

上手く行っていない時って、人は保守的に成りがちです。
持って生まれた防衛本能とでも言うのでしょうか?

決して悪いことでは無いかもしれませんが、根本的な解決にはならないことも多いです。

「GiantKilling」を題材にした三回目の更新のテーマは、「自主性」です。


<ご注意下さい>

 当ブログはネタバレ要素を含んでおりますので、気にされる方はご覧にならないようお願いします。
また、何か不適切な発言などがありましたら、ご遠慮なくご指摘下さいませ。
但し、あくまでも管理人の自己解釈をツラツラと書いているブログですので、多少のことは生暖かい目で見守っていただけましたら幸いです。


達海の監督就任後、ETUの初キャンプを迎えます。

前回のエントリーでは、キャプテン村越への依存しすぎる問題を浮き彫りにし、解決に向かって動きましたが、このキャンプで達海は何を仕掛けるのでしょうか?

集まった選手に向かって発表した初日の練習メニューは・・・

自習

まさかの自習

自分で考える

自分で考えて行動することを求めています。

言われたからやるんじゃない

言われたことをやるのでは今のETUには駄目だと考えているようです。なぜでしょう?

唖然とする選手を尻目に、コーチ陣を引き連れてグランドから去る達海。

もちろん「ノープラン」な訳ではありません。

達海はコーチ陣に説明をはじめます。

指示されているほうが楽

ここ数年、監督や村越に頼り切っていた選手達は、その指示されたことを「ただ黙々とこなす」ことを
繰り返してきました。それで結果が出ていないことにチームへの猜疑心であったり迷いであったりを
抱えたまま練習をしてきています。

楽も続けば怠慢になる

このままでは、結果が出ないことを指示した側にしか原因が無いという考え方になっていき
まさにそうなりつつある現状を変えたいと思っているようです。
結果が出ないことを自分に原因があると認めたり、考えたりすることは誰でも辛いことですし
迷いながら行動することは、自分の能力を100%発揮するには厳しい状況と言えます。

そして自分で考えないということは、責任も感じづらいですし楽なんですよね。

このブログの前置きにも書いておりますが、自分自身がやる気になって楽しんでやれていないと
成果は何事においても成果は出づらいです。

アイディアだって監督、コーチ、キャプテンの数だけのアイディアよりも
選手1人1人からも出た方が選択肢は広がるのは間違い無いです。

つまり自主性を持つことによる、チームに対しての責任感を個々も持つことが
チームの悪い状況を打破するのに必要と感じているのだと思います。




【今日のまとめ】
自主性(自分の考えをしっかり持つ)が無いと、責任感は芽生えない


共感得られる部分がありましたら、ポチっとお願いします!
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ




【新刊】GIANT KILLING-ジャイアントキリング- 全巻セット(1~24巻)続刊/ツジトモ

価格:13,740円
(2012/10/4 12:33時点)
感想(5件)


関連記事
[ 2012/10/05 00:00 ] GiantKillingに学ぶ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://comicsteach.blog.fc2.com/tb.php/6-eb24875f























上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。